プールのある家

色合いを考える

赤い石の壁

外壁塗装リフォーム工事をしても、色が変わらない部分があります。屋根、手すり、玄関ドア、アルミサッシなどです。このような色合いを考えて、外壁塗装の色を選ぶことが大切です。

塗装をする理由

四角いレンガの壁

外壁塗装がなぜ必要なのかというと、外壁としての機能を継続するためと、外観の美しさを維持するためです。塗膜によって寿命は異なるので、それを考えた上で外観塗装をしなければいけません。

安く抑えるコツ

白い壁の建物

外壁塗装をなるべく安く抑えたい場合は、施工するタイミングが大切です。劣化がひどくなってからでは、その分補修にお金がかかってしまいます。チョーキングがある場合は、塗装をした方が良いです。

外壁の特徴

木材を切る大工さん

外壁塗装を行う場合は、自宅の外壁を把握しておく必要があります。一般的な戸建て住宅に使われている外壁は、サイディング、モルタル、タイル、ALCなどがあります。それぞれ相性が合う塗料は異なります。

塗料の特徴

白い壁にペンキを塗る女性

外壁塗装リフォーム工事をすることで、見た目を綺麗にすることができ、外壁としての機能を維持することができます。
しかし、無知のままリフォーム工事をしてしまっては、トラブルの原因となってしまいます。外壁塗装の知識をつけて、工事をすることが大切です。
外壁塗装で使用される塗料の種類は非常に多いです。それぞれ特徴、耐用年数、価格が異なります。
非常に多くの種類がありますが、大きく分けるとアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の4種類に分けることができます。

アクリルの特徴は、モルタルやサイディングなどの外壁に適している塗料です。しかし、紫外線に弱いので、直接日光が当たる屋根には向いていません。
耐用年数は5年~8年程度と短いので、価格も最も安いです。
アクリルとは違って、紫外線に強く、水をはじく特徴があるのがウレタンです。ツヤもあり、持続性がありますが、防汚性はあまりありません。
モルタル、木製などの外壁に適しています。耐用年数は6年~10年程度です。
防汚性も高く、紫外線にも強いのがシリコンです。シリコンの耐用年数は8年~15年で、モルタル壁や不燃材サイディングなどの外壁に適しています。
塗料の中で、一番耐久性があるのがフッ素です。耐用年数の目安は12年~20年程度ですが、商品によってそれぞれ違うので確認しておくことが大事です。

なるべく安く抑えたいと思う場合は、アクリルを購入した方が良い、と思う人が多いですが、施工回数を少なくした方が最終的には割安になります。
ただ、フッ素のように耐用年数が長い塗料でも、メンテナンスを怠ってしまうと、塗装効果は減少するので注意が必要です。

関連リンク

  • 株式会社HiFive

    引っ越しの際に活躍するサービスです。地デジアンテナを設置してもらいたい場合はココの業者に任せておこう。
  • 株式会社真栄

    愛知で解体工事を依頼するなら、工期をしっかり厳守する業者を選びましょう。気になる費用はこちらで確かめられますよ!
  • ハウスメイク

    外壁塗装を千葉で行ないましょう。自宅の外観をキレイにしてみたいなら実績と信頼があるココがおすすめです!

オススメリンク

  • 大阪でおすすめの外壁塗装会社

    素敵な自宅の外観を入手しちゃいませんか。外壁塗装は大阪で信頼できる業者選びをするといいでしょう。詳しくはサイトから!
  • 住まいの壁を新築のようにしたいと思っているなら、川口市で外壁塗装のサービスを提供しているこちらを利用するといいでしょう。
Copyright(c)2015 外壁塗装をすることで得られるメリット、塗料の特徴